« NHK「総合診療医Dr.G」で山中克郎先生をみた | トップページ | ベトナム戦争と後期高齢者医療制度の共通点―日本医師会平成21年度医療政策シンポジウムから―副題が変だ »

2010年5月19日 (水)

転向者としての鳩山首相

普天間問題をめぐる鳩山首相をどういう枠組みで理解したらよいかを考えていると、最近鶴見俊輔を読む機会が多いこともあってか、「転向者」として捉えるのが最もふさわしいと思えた。

転向以前の立場の人々からは裏切り者として扱われ、転向後と立場を同じくする者たちからは軽佻浮薄な輩だが利用価値はあるとされているわけである。

ただ、鶴見俊輔にならって、事実に基づいた転向のメカニズムや、いったん転向してしまった後の身の処し方を考えてみることには意義がある。

事実の問題として、転向を導いた者は、本質的にはアメリカ支配層、実行者は岡本行夫なのだろう。

根拠は、岡本行夫がNHKの日曜政治討論で「せっかく沖縄米軍基地の抑止力としての必要性を『学習』して頂いたのだから、辞職はせずに『学習』を活かしてほしい」と語っていた得意そうな語り口にある。

|

« NHK「総合診療医Dr.G」で山中克郎先生をみた | トップページ | ベトナム戦争と後期高齢者医療制度の共通点―日本医師会平成21年度医療政策シンポジウムから―副題が変だ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転向者としての鳩山首相:

« NHK「総合診療医Dr.G」で山中克郎先生をみた | トップページ | ベトナム戦争と後期高齢者医療制度の共通点―日本医師会平成21年度医療政策シンポジウムから―副題が変だ »