« 「ヒロシマ」映画のモデルたち  リフトン「ヒロシマを生き抜く」上下巻、岩波現代文庫2009を読みながら | トップページ | 宿題のない一瞬・・・「フランスの内乱」と「第11回党大会政治報告」 »

2010年4月23日 (金)

事業仕分けと高速料金―民主党の構造

枝野幸男ら行政刷新会議によって、また事業仕分けが行なわれている。

これは小泉構造改革の続きを民主党政権が行なっているのである。

「無駄」を見つけて財源にしようという場合、福祉と教育は絶対に拡大するという政府の姿勢が確立していなければ、政府のそういう姿勢以外に後押しする勢力がない福祉と教育が真っ先に削られるのは当然である。

しかし、福祉や教育に金を使う政治では大不況から回復できないという財界からの脅かしに民主党政府はすでに屈服してしまっている。

民主党攻撃に躍起になっているマスコミが「事業仕分けだけは国民の支持がある」というのも当たり前のことである。

事業仕分けの本当の目的は、消費税を準備する口実である。「事業仕分けは成功した、だが財源の捻出はできなかった、あとは消費税だ」と言い出すのは既定の路線と考えてよい。

また、小沢たち、構造改革派に一線を画する利益誘導派が、自分たちに必要なものには、事業仕分けでも一切手をつけさせないということは、仕分けに関わる議員の選び方で仙石由人が小沢に一喝されて以来、完成している。

小沢派が生き残っているのは地方の票を握っているのと、日本の軍事行動を解釈改憲で進めるという行きかたが、明文改憲の方向をゆく構造改革派のオルタナティブとしての価値をアメリカや財界に認められているからである。

高速道路料金をめぐるゴタゴタも、財界と小沢派にとって不都合な前原の決定が覆されただけにすぎない。

ほとんど暴力的に、財界と小沢に牛耳られている民主党政権には何の期待も持てないが、それがますます明らかになり、一方では自民党が四分五裂になって、流動的な政治情勢が続いているのは、国民の運動にとってはなお好機が続いていると言える。

|

« 「ヒロシマ」映画のモデルたち  リフトン「ヒロシマを生き抜く」上下巻、岩波現代文庫2009を読みながら | トップページ | 宿題のない一瞬・・・「フランスの内乱」と「第11回党大会政治報告」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分けと高速料金―民主党の構造:

« 「ヒロシマ」映画のモデルたち  リフトン「ヒロシマを生き抜く」上下巻、岩波現代文庫2009を読みながら | トップページ | 宿題のない一瞬・・・「フランスの内乱」と「第11回党大会政治報告」 »