« この人の人生に何かいいことがあったのだろうか? | トップページ | 自分のブログを読み返す・・・「労安センター」に感じていた違和感が見事に表現されている »

2010年4月 6日 (火)

ビジネス英語辞書

executive summaryをどう訳すかに悩んだ。

「行動綱領」と訳したのは記念すべき笑い話として残るだろう。その昔の某政党の綱領を思いだしたのである。

苦しんだ末思いついた「執行サマリー」も分かったようでわからない。

正しくは「(多忙な)役員用サマリー」で、転じて、長い文書の冒頭につける「要旨」。結局はただの「サマリー」とどこも違わない意味あいの言葉となったのである。

これをひくことができる辞書の存在を教えてくれたのは名古屋に住むある青年医師である。
ただ彼はそれを「ARC」だと教えてくれたので長い間探し出せなかった。

今日、それがALCだとわかった。存在場所は
http://home.alc.co.jp/db/owa/bdicn_sch?w=である。

state benefit が「公的給付金」だとは普通の辞書をひっくり返してもなかなかわからない。「国家利益」などと誤訳するのが落ちであるが、上記サイトではすぐに分かる。

|

« この人の人生に何かいいことがあったのだろうか? | トップページ | 自分のブログを読み返す・・・「労安センター」に感じていた違和感が見事に表現されている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス英語辞書:

« この人の人生に何かいいことがあったのだろうか? | トップページ | 自分のブログを読み返す・・・「労安センター」に感じていた違和感が見事に表現されている »