« フェルメールと加藤周一 風景画の起源について: 加藤周一「語りおくこといくつか」かもがわ出版2009 | トップページ | タミフルにかかわる自己責任論・・・公務災害隠しか?⇒訂正 »

2009年9月 4日 (金)

総選挙後も通勤電車の中、「民主党マニフェスト」を読み続ける若者の姿

上記を冒頭に置いた、今日のしんぶん「赤旗」の記事くらい、私の胸を締め付けさせるニュースはなかった。

新聞の向こうに、生存のぎりぎりのところにいて、その救済を託して民主党に投票した貧しい若者たちの大群が見えた気がしたのだ。選挙後の民主党を見ているとわかるが、それはおそらく裏切られる。歴史はその前例で埋めつくされている。

だが、一歩でも前進を残させなければならない。

あらゆるレベルの民主党組織に交渉して、マニフェストの中の積極部分の実施を促進しなければならない。

そう思うと、私は今朝から電話に忙しかった。

|

« フェルメールと加藤周一 風景画の起源について: 加藤周一「語りおくこといくつか」かもがわ出版2009 | トップページ | タミフルにかかわる自己責任論・・・公務災害隠しか?⇒訂正 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙後も通勤電車の中、「民主党マニフェスト」を読み続ける若者の姿:

« フェルメールと加藤周一 風景画の起源について: 加藤周一「語りおくこといくつか」かもがわ出版2009 | トップページ | タミフルにかかわる自己責任論・・・公務災害隠しか?⇒訂正 »