« 小診療所の30年・・・朝日健二さんの一言 | トップページ | 最近の見聞 ①湯浅誠のほうが神野直彦より確りしている ②愛知県の派遣切りが北海道の病院の待合室にまで影響を及ぼしている »

2008年12月18日 (木)

埋蔵金は消えているようだ

社会保障費2200億円削減を撤回するため、健康保険組合を財政支援する基金という埋蔵金1兆5000億円を年金特別会計に返還・解消して1400億円を捻出するという今朝の新聞報道。

解消して?

「実は、その埋蔵金は取引停止になっているリーマンブラザーズ関係の証券に化けてなくなっていた、1400億円はその痕跡、この話全体が、埋蔵金の実体がなくなっていることを国民に隠す手品」

と、考えるとわかりやすい。「それだけの損失を出した責任が見事に消えた」という話ではないか? 

|

« 小診療所の30年・・・朝日健二さんの一言 | トップページ | 最近の見聞 ①湯浅誠のほうが神野直彦より確りしている ②愛知県の派遣切りが北海道の病院の待合室にまで影響を及ぼしている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埋蔵金は消えているようだ:

« 小診療所の30年・・・朝日健二さんの一言 | トップページ | 最近の見聞 ①湯浅誠のほうが神野直彦より確りしている ②愛知県の派遣切りが北海道の病院の待合室にまで影響を及ぼしている »