« 君の「民医連」は幻想ではないのか? | トップページ | 「あなたになら言える秘密のこと」「赤い文化住宅の初子」「フリーゾーン」「それでも生きる子供たちへ」・・・・最近見た映画・DVD 1 »

2008年4月28日 (月)

研修指導医としての私の欠点

ようやく2年の初期研修を終えた次男が、研修先の愛知民医連・南生協病院のご好意で、私の病院に1ヶ月だけ診療支援という形で帰ってきた。。もし、この経験が功を奏して、山口の民医連での自分の役割が見つけられるとよいのだがと思っていたが、そこまでの成果はなかったようだ。

それより、次男と話していて、私自身の研修医に対する姿勢におおいに反省させられるところがあったので、ここに書いておくことにする。

1:研修医が何を勉強しているか知らない
  
 私は、病院の始まりから数年前までは「研修医の友」と称して「レジデントハンドブック」「PO臨床診断マニュアル」「感染症レジデントマニュアル」の類を版が変わるたびに買い換えて精読していた。しかし、ここ数年はその努力をばったりやめてしまっていた。

 しかし、研修医はこうしたマニュアルに頼って診療しており、そのマニュアルが実際に生かされる現場を見たいと思っているし、マニュアルの行間に書いてあることの解説を求めているのである。

 努力を怠った結果としては、「マニュアルのように診断を網羅的には考えることが出来ないで、自分の狭い経験と勘だけでものを言う医者」というふうに研修医から評価されるのである。「これは心筋梗塞だよ」と言い切り、大動脈解離から下壁心筋梗塞に発展した可能性などは考えてもみないというのは、研修医には失望を与えるらしい。


2 自分の果たしている役割を正当に上手に語れない

 口を開けば、まず自分がどれだけ疲れているかを話す、というか、それしか話さない。
 自分の業績に話が及べば、それはただの自慢話。偶然成功したことを威張り、大風呂敷を広げるだけのおっさんになっている。
 
 そうではなくて、謙虚に、しかし、ベテラン医としての視野の広さを十分示しながら、自分の仕事を地域医療全体の中で客観的に評価して、かつ物語ることが出来る、そして明るい展望を力強く伝えられるという風でなくては研修医をひきつけることは出来ない。また、それをどの研修医ににも分け隔てなくやらなければならない。

研修医の指導に熱意が持てる活動的な医師でいることができる時間はそれほど長く残されていなし、私の病院に研修医が次々来る見込みも多くはないが、改めて、そういう欠点を補正していく自分になる決意は固めている。

|

« 君の「民医連」は幻想ではないのか? | トップページ | 「あなたになら言える秘密のこと」「赤い文化住宅の初子」「フリーゾーン」「それでも生きる子供たちへ」・・・・最近見た映画・DVD 1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研修指導医としての私の欠点:

« 君の「民医連」は幻想ではないのか? | トップページ | 「あなたになら言える秘密のこと」「赤い文化住宅の初子」「フリーゾーン」「それでも生きる子供たちへ」・・・・最近見た映画・DVD 1 »