2023年1月31日 (火)

正義の倫理とケアの倫理

民医連の文書でも、「ジェンダー平等=LGBTQの人々の人権尊重」という等式が成立しているように読み取れる記述になっている。女性差別の解消がジェンダー問題の根源と正しく書いているところもあるが。

男性中心に発展してきた政治哲学「正義の倫理」=自由権的人権と、女性が育ててきた「ケアの倫理」=平等・社会権的人権を接合して、両者をジェンダーから解放することを民医連が自らの課題とするのは、健康の社会的決定要因(SDH)の背景になる政治哲学を川本隆史先生に教えられながら僕もずっと考えてきたことなので喜ばしい。

考えれば、マルクスやロールズやセンも「正義の倫理」の中に「ケアの倫理」を織り込もうと努力した人だったのだ。コミュニズムや格差原理やケイパビリティ・アプローチなど。

先日の非営利・協同総合研究所「いのちとくらし」の理事会で都留文科大学の後藤道夫先生が、日本は左派を含め自由を追求することに偏り、誰も平等を真剣に考えてこなかったと発言されたのはこのことだろう。

実践としては相談活動が、まさに平等を求める「アウトリーチするケアの倫理」の実践だ。後藤先生はだいぶ前に「相談活動しない中間組織はだめになる。労働組合でもなんでも」と言われていた。

| | コメント (0)

2023年1月27日 (金)

ケアを中心にしたコミュニティ(政治)の確立


ケアを中心にしたコミュニティ(政治)の確立とは「ケアの倫理」と「正義の倫理」の接合だ。

それはミュニシパリズム、地域主権政治、FEC自給圏、脱成長コミュニズムにも一致する。

マルクス、ロールズ、センを学ぶだけではなく、キャロル・ギリガン、ジョアン・トロント、エヴァ・フェダー・キティ、ファビエンヌ・ブルジェールを学ばなくてはならないのはそのためである。
テキストの画像のようです写真の説明はありません。テキストの画像のようです写真の説明はありません。






| | コメント (0)

「二重の戦略」

女性がケアにおいて発見しながら無視されてきたものにもっと注目せよ、それは人類の未来を救済するものになるだろう ということと
女性にのみ歪んだケアを一方的に押し付けてきた社会自体を解消せよ ということを両立させなくてはならない。是枝裕和監督のNetflixドラマを見終わっての感想。

それにしても旧社会の価値観から自由になるうえでのsisterhoodの重要性を描く作品が最近は多い。「あのこは貴族」とかも。
Netflixシリーズ「舞妓さんちのまかないさん」公式サイト

| | コメント (0)

2023年1月25日 (水)

国家権力を握って上から資本家を統制することなしに本当に世の中が変わるのかという不安

ミニュシパリズムは素晴らしい。市民が直接的な主人公となって自治体を舞台に世界を変えていく。
しかし、国家権力を握って上から資本家を統制することなしに本当に世の中が変わるのかという不安は常につきまとう。ある時までのマルクスはそう考えていた。少なくとも「共産党宣言」の頃は。
世界でもその問題を考える人はいるらしく、今日届いたアーロン・ベナナフ「オートメーションと労働の未来」はそれを扱っているらしい。題名とどう結びつくか、読まないとわからない。
しかし、国家主権・資本主権はもはや世界を統治できなくなっているのは以下の引用のように明らかである。
写真の説明はありません。

| | コメント (0)

国家主権・資本主権から地方主権へと主戦場は変わった


岸本聡子「地域主権という希望」から。ここでも注目すべきなのは、論じられているのは普通の地方自治の問題を超えて、国家主権、「資本主権」と対峙し、それらを乗り越えて行く「地方主権」だということである。
2000年施行の地方分権一括法で国家と地方が対等になったことを実質化する議論と言って良い。

暮らしや産業のことは地方が自主的に決めて行くとなれば、国家はそれら地方の協同事務、つまり外交、防衛、各種制度や通貨の管理を任される補助的存在になるだろう。

そうなれば、国政で勝利して幹部議員集団による上からの改革を行うことが全てに優先するというタイプの政党は不要になり、違う政党形態が模索されるはずである。
写真の説明はありません。

| | コメント (0)

2023年1月23日 (月)

人口5000人-10000人あたりに1箇所くらいの地域医療志向で在宅医療もする救急告示中小病院

いわゆるマイナー科の開業医ワンセットと人口5000人-10000人あたりに1箇所くらいの地域医療志向で在宅医療もする救急告示中小病院(+サテライト診療所1,2箇所)が一つのユニットとして満遍なくあれば地域住民にとっては一番良い。
何十年も前からそう考えて、診療所を病院に拡大して維持して来たのだが、その病院が最も存続困難なモデルになるのでは、憤死するなぁ。

| | コメント (0)

今の時代の若月俊一をたくさん作りたい

かっての民医連中小病院の内科医師養成のありかたを今の制度に落とし込むとこんなふうになる。

初期研修2年ー病院のレギュラーメンバーとして制度外のサブスペシャルティ研修数年あるいは短期の診療所長(例えば上下内視鏡ができるまで、全身のCT・MRI読影がある程度できるまで、一人外来と訪問診療ができるまで)ー総合診療「専門医」の制度的研修(専攻医)ー病院幹部医師あるいは長期の診療所長/サブスペシャルティの制度的研修(院外)

制度外のサブスペシャルティ研修数年や若い診療所長の医療行為が社会的に許容されるかどうかが少し心配だが、僕などからみると今でも民医連に腰を落ち着けてこんなふうに育ってくれると安心できる。
そうすると地域の医療だけでなく、地域の生活全体に関わろうとする、FEC自給圏の実現を自分の課題にしようとする医師ができるだろう。
今の時代の若月俊一をたくさん作りたい。

| | コメント (0)

2023年1月21日 (土)

全ての病院が福祉避難所を引き受けなければならない






1月19日
全ての病院が福祉避難所を引き受けて、その連絡会でつながることくらいしないと、地域の真ん中で医療が災害に立ち向かうという態勢はできないのではないか、ということを宇部市の担当者との懇談で伝えておいた。




| | コメント (0)

中井久夫「災害がほんとうに襲ったとき」

コロナ事態は気候危機による全人類的危機の第何波かだったと、後世に総括されるだろう。
つまり、これ以上の災害がこれから何度も繰り返しやって来るので、常に今以上の備えが必要となって来るということ。
今日 土曜日午後いっぱい、民医連の中四国協議会の企画に参加したが、コロナ禍の中で中井久夫「災害がほんとうに襲ったとき」みすず書房を読もうとするのは、今回のコロナ事態が総体としてみれば、1995阪神大震災、2011東日本大震災に匹敵する大災害だったという認識の現れなのだと改って思った。そのつもりで正面から教訓を汲み取らないといけない。

| | コメント (0)

「組織の内部問題は内部で解決する」という規範はどの範囲で有効か

改めて「組織の内部問題は内部で解決する」という規範はどの範囲で有効かということを考えた。
まず組織幹部の犯罪については範囲外だろう。パワハラもセクハラもそれと同等だ。告発者を罰するようなことがあってはならない。
判断が難しいと思うのは、圧倒的な力関係で少数意見が無視され続ける場合である。そういうとき規範は絶えず違反される

| | コメント (0)

«患者中心の医療の今