2022年5月24日 (火)

『思想の言葉(『思想』2022年3月号)ロールズ・ヒロシマ・キルケゴール――偏愛的一読者の覚え書き川本隆史』

誰もロールズ「正義論」発刊50年について書いていないなどと言ってしまったが、実はそんなことはありえなくて、「正義論」の研究者で訳者川本隆史さんから、この文章が届けられた。
『思想の言葉(『思想』2022年3月号)
ロールズ・ヒロシマ・キルケゴール――偏愛的一読者の覚え書き
川本隆史』
https://www.iwanami.co.jp/news/n45945.html

 

僕の関心領域に合わせて少し書き換えると

 

「過ぐる2021年は倫理学者ジョン・ロールズの生誕100年、主著『正義論』刊行50年という節目にあたっており、本年11月24日には彼の逝去から丸20年を閲することになる。」

 

「1943年にアメリカ陸軍へ入隊したロールズは、ニューギニア、フィリピンと転戦したのち、占領軍の一員として日本の土を踏んでいる。」

 

「彼の部隊は九州に上陸して山口県南部へ進駐していた、その後1945年11月、任務を終えて日本を離れる途上軍用列車の窓から広島の焦土を目撃した。」

 

当時山口県にどれくらい進駐軍の基地があったかはわからないが宇部市の海軍病院・結核用サナトリウム「山陽荘」も接収されていたので、ここである可能性もある。(1946年2月に米軍から英連邦占領軍BCOF ビーコフに交代)
ここでは大陸から引き上げてきた山田洋次が排泄物処理のバイトをしていたので、もしかしたらロールズと山田洋次のすれ違いもあったかもしれない。

| | コメント (0)

これからのまちづくりの二本柱は 中小企業振興基本条例と 仮称「生活保障基本条例」

金曜の午後5時30分は日勤外来担当医としては魔の時間で、それまでいくら暇でも突然に紹介状を携えて発熱入院希望患者が現れる。この時刻からの入院の段取りは心理的にも抵抗が大きい。それにここでほやほやの新入院患者さんの主治医になると土日の自由が事実上なくなる。
5月20日もそうだったので、6時からの非営利協同総合研究所「いのちと暮らし」の理事会出席が億劫になった。
しかし、億劫な時ほど参加すると収穫があるというのは大事な経験則である。
恒例の理事の近況報告では、地域からの生活相談に応じひたすら支援することに特化した地域福祉室を創設し、医療生協組合員の互助活動と一体になって地域に切り込んだら信じられないほどの量と質の困窮事例を発見した、僕自身は理事長の任を降りたら新設の「地域福祉戦略部長」としてそれら事例の教訓を政策化して主として自治体と交渉する予定だという話をした。
すると後藤道夫先生が僕の発言を受けて
「前から言っていることだが、民医連は生活相談窓口を全ての病院で常設すべきだ。労働組合にしてもどんな組織にしても、これまでは別に相談活動をしなくても他に運動課題があって活動が回ったものだが、今は相談活動に熱心に取り組まないと運動体として成り立たなくなっている。
その先のことだが、これまで『新福祉国家構想』とか言っていたのだが、その前に地方自治体を動かすことの重要性を痛感している。つい先日、岡田知弘とも話しあったのだが、全自治体に『生活保障基本条例』を制定させて、たとえば生活支援の国の通知を市民に周知することなど義務づけることを運動にしたい」
と話された。
つまり、相談ー支援専従者と対自治体工作者の設置という僕の方針は後藤道夫先生の構想とほぼ軌を一にしているもので、僕の仕事も、地域循環経済の確立とぶっ飛ぶ前に、「生活保障基本条例」を提案して通すことだなと分かったのである。
やはり億劫な時ほど、外の人と話さなくてはならない。うちに縮こまるには口実には事欠かないのであるが。

| | コメント (0)

何が今の時代に公正であるかは、今の時代がどういう時代かによる

今朝、もう一回最近自分が考えたことをまとめてみた。

社会契約というのは、過去の歴史的事実ではなく、未来で成立することを期待され、今を生きる人の希望となる理念で、これが正義と呼ばれるものである。しかし、この理念が一旦発見されると、過去は解釈されなおし、歴史はこの理念の絶えることのない発展そのものと見えてくる。
これは正義は私達の外で神か何かが与えてくれるものでもなく、またそもそも正義なんかはないと言えるものでもなく、正義は私達が作り出すものだということでもある。
私たちが作り出すというところに注目すれば正義の「構成主義」だということになる。
つまり正義は社会を作って理性的に生きようと決意した人たちが、自らの考えで作り出すものである。
ごく平均的な人が理性的であることを保障するロールズの思考実験において、正義は「公正」(誰の不利にもならないこと)でしかありえないと証明される。
この「正義=公正」が、私達がよく遭遇する「公正としての正義」 rightness as fairness という表現になる。
何が今の時代に公正であるかは、今の時代がどういう時代かによる。
気候危機の時代には気候危機の時代の公正がある。気候危機に向かい合って誰にも不利でない状態が何かはそこで考えるしかない。つまり熟議してdeliberate 決めるのである。
私達が公正であることを目指して熟議し決めたことが、ルソーの言う「一般意志」というものである。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年はロールズ「正義論」が出版されて記念すべき50周年

気づけば、昨年2021年はロールズ「正義論」が出版されて記念すべき50周年

4314010746 だった。
「正義論」出版後の半世紀の政治哲学はこの本を中心に回った感じなのだが、日本の雑誌も特集を組んだところはなかったように思う。
しかし、格差の増大や気候危機のみならず核兵器使用の危険性の高まりに直面して、新事態での正義の探求が切実になっている今、ロールズは僕たちの拠って立つところとして重要性が日に日に増している。それはホッブズ、ルソー以来の社会契約説の現代的復活でもある。
「正義論」を読むのは大変だが、全体のエッセンスとも言える「はじめに」だけでもコピーして読むことをおすすめする。

| | コメント (0)

2022年5月23日 (月)

島田雅彦「パンとサーカス」講談社

282568859_5053065848109462_6053187642887
9784065268742_w 島田雅彦「パンとサーカス」講談社を読み終えた。
憲法9条を掲げて米中の覇権から自由になる中立・日本への熱望が伝わってくる冒険小説としてどなたにもお勧めである。
僕の中では池澤夏樹「マシアス・ギリの失脚」、井上ひさし「吉里吉里人」と同じくらいの作品だろうか。
いや、本の厚さが。及び作品の質が。

ともかく細々と感想を述べたくなる本だった。支配のない政体「イソノミア」を取り上げたことと柄谷行人の本との関係とか。登場人物の名前の由来とか。

| | コメント (0)

2022年5月21日 (土)

帽子

今朝は日差しが強かったので親父の遺品の中から夏用の帽子を探し出して自転車に乗った。
 
そこでふと思いついた架空の映画。
 
死んだ父親がある日、息子に乗り移って、父親の目から息子の日常を眺める。
知らなかった生活を発見するのは新鮮だ。こんなふうに生きているのかと思ううちに俺の影響が随所に残っているのに気づく。
少年兵として原爆に遭遇した父親から戦後の少年だった息子に伝わったメッセージがそこでは浮かび上がってくる。
これが何かが一番重要だ。
さて、話が進むうちに、最後は実は息子も死んでいることがわかる。なぜ死んだのだろう?
 
主を失った診察机の上の帽子が映って終わる。
帽子が思い出していた話なのだ。282379721_5047069062042474_6104749449537

| | コメント (0)

ホッブズ、ルソー、ロールズ


ホッブズのいう人間は実存的な賭けに出る人間である。

 

お互い武器を持ち殺しあえるのに、自分が武器を捨てれば相手も捨てるだろうと武器を捨てるような、思い切った決断に飛び込んでいく人間。

 

投企 projetとかアンガージュマン engagement、コミットメントという言葉が自然に思い出されるし、日本国憲法9条にも似ている。

 

そこから社会契約が始まる。ホッブズほど人間を無条件に信じたものはいないというのはそのことである。

 

これに対し、ルソーやロールズのいう人間は、利己的な凡人である。

利己的な人間がどうして、社会の原理である正義に辿り着き、そこから社会を作っていくかを彼らは考えた。
発見してみれば「公正としての正義」という実に簡単なことだった。
 
しかし、それは近代社会という狭い範囲の中の正義であり、社会契約でしかない。
 
自然と人間の物質代謝の中での社会契約や正義は、また次元の違うものとして存在する。
 
ただ、それもまたロールズの考えた「ヴェールを被せられた状態」=原初状態という仕掛けで考える事ができるはずだ。

| | コメント (0)

長い間わからなかったこと(重田園江「社会契約論」ちくま新書を読みながら)


「公正としての正義」という言葉をこれまでごく曖昧に考えていた。

人間や社会にいろいろ大事なことがある中で「公正」を最も大事なこととして正義の代表とする、というような感じかな。

実はそうではなかった。種明かしをすれば本当に簡単なこと。

だが、ことは人間と正義のあいだの本質的関係である。

ルソーが人間が社会を作るときの原則にする「一般意志」を「正義」に置き換えて、正義をどう説明するかという問題である。

そのロールズによる解釈こそが「公正としての正義」だった。

自分の現状にヴェールを被せられた状態では、人は必ず最悪の不利を自分に押し付けられないために貧者にも富者にも公正なルールを選ぶ。自分が大金持ちだと考えるのはヴェールを取り去ったときのリスクが高いからである。その時の人間は別に道徳性に優れているわけでも賢いわけでもない、平凡な人である。

つまり一般的な人間は「誰もが不利にならない公正な状態」を正義として選択するようにできている。

だから正義は公正であることであり、そのような正義を「公正としての正義」と呼ぶのである。

| | コメント (0)

もう一つの正義の2原理


ロールズは社会生活に「無知のヴェール」をかけて有名な「正義の2(あるいは3)原理」を抽出したのだが、

同じように、地球上での人間生存に無知のヴェールをかけると、核兵器禁止と脱成長による脱気候危機の正義という、別の2原理が抽出されるはずだ。

| | コメント (0)

ヘイ・ジュード

https://lyriclist.mrshll129.com/beatles-hey-jude/

it’s a fool who plays it cool
By making his world a little colder
これは『「斜に構えていると世界はもっと冷淡になる」(島田雅彦)からつまらない』と訳すのだな。
山奥から広島市にようやく出て来たばかりのダサい中学生だった僕はビートルズにも夢中にならず、Hey Judeも最近までHey dude (おいお前)かと思っていた始末で、歌詞だって、「世界を背負い込むな」の部分を知っていただけだった。
検索すると、この歌はポールがレノンの第一子が両親の離婚や再婚で落ち込んでいるのを励ましたものだったのだ。早く知っていたら僕の少年時代も少しは慰めのあるものになっただろう。

| | コメント (0)

«僕の功績を控えめに言うと